抜かない治療の例

抜歯を回避できた1例です。

この歯は歯周病と根の感染を併発しさらに噛み合わせによる負担も強くなってしまっている状態で、歯の根のいちばん先まで骨が溶けてなくなってしまっている状態です。もともと抜くしかないと言われていたそうですが、どうしても抜きたくなかったので、腫れたり痛みが出るたびに痛み止めや抗生物質を服用して症状を軽くしていたそうです。

確かにこの状態では、抜くという判断でも間違ってはいないかもしれませんが、どうしても歯を抜きたくない、あきらめたくないという患者様にはしっかり向き合い、少しでも治癒させられる可能性があるならご提案させていただきます。この歯は、手術用顕微鏡を用いて根の治療を行い、歯周病治療矯正治療も組み合わせて、右の画像のように骨を再生させ、抜かずに機能させることができました。


こちらは虫歯が歯ぐきより深くまで進行してしまい抜くしかないと言われていた歯とのことでしたが、部分矯正治療で虫歯になっていない健康な根の部分を引っ張り上げて外に出すことにより、抜歯を回避して被せもので修復することができました。

引っ張り上げた歯はジルコニアクラウン(保険適応外の被せもの)で修復し、両隣の銀歯はコンポジットレジン(保険適応の詰め物)で詰めなおしています。