審美歯科

歯を白くしたい、銀歯を白くしたい、さし歯(かぶせ物)の色や形が悪い、奥歯でも白い歯を入れたい、歯並びを良くしたい、等のご要望にお応えし、お口元の〝美しさ〟を手に入れるための治療です。


歯を削ることなく薬剤で白くするホワイトニング、自分の歯の色に合わせて自然で美しい被せものや詰めものを作るセラミック治療、虫歯や金属の詰めものを白い詰め物で自然な見た目にしたり、すきっ歯を詰めもので閉じたりするダイレクトボンディング治療、美しい歯ならびを手に入れる矯正治療などがあります。

 


セラミック治療

保険の被せものは時間が経つとツヤがなくなりくすんでしまいます。また内部に使用している金属が溶けだして歯ぐきが黒くなってしまうことがあります。対してセラミックの被せものは長期的に自然な美しさが持続し、強度も高く、生体にやさしく歯ぐきとも調和します。

 

前歯の被せものをやり直した例です。

 

歯ぐきのラインが揃っておらず歯が短い。

・被せものと自分の歯の部分との境い目が見えてしまっていている。

・被せものに透明感がない。

 

これらの問題を解決するため、単にきれいで材料が良いだけの被せものを作るだけでなく、歯ぐきのラインを調整したり、境い目を歯ぐきの中に隠してより自然な見た目を目指します。

カメラで撮影した写真をやりとりしたり歯科技工士と密に連携をとって、たった一本の被せものであってもまわりの歯と調和して自然になじむよう色や形を模索します。できあがった被せものに不満点があれば色や形を修正してもらうこともできます。

前歯を3本やりなおした例です。被せものを作るにはまず土台を丁寧に削って型取りをします。そうして出来た模型の上で歯科技工士が被せものを作製します。完成した被せものは、歯科医師がお口の中で調整し、装着いたします。その際、色や形が満足いただけるか確認するのはもちろん、土台と被せものがぴったり合っているか?、すき間がないか?、かみ合わせは適切か?といったことを丁寧に確認することが、被せものを長持ちさせる(再治療にならない)ために重要です。


ダイレクトボンディング

ダイレクトボンディング治療は虫歯や銀歯を取り除いてコンポジットレジンという材料を歯に直接詰めて自然な歯を再現します。

歯を削る量は最小限で、一回の治療で自然な歯を手に入れらることがメリットです。

 

強度的にセラミック治療に劣り、虫歯や歯の欠けている範囲が大きい場合、また噛む力が強くかかる部位ではできない場合があります。

欠けてしまった前歯の修復。
自分の歯の部分をほとんど削ることなく修復できることが、ダイレクトボンディングの大きなメリットのひとつです。