再治療にさせない丁寧で精密な治療


拡大視野


ルーペやマイクロスコープを使うと視野が拡大されて、肉眼では見ることのできなかった虫歯や歯石、根の中の汚れが見えるようになります。それにより、従来の肉眼のみで行う手探りな治療と比べて必然的に治療の精度は高くなり、成功率も上がります。



ラバーダム防湿


ラバーダム防湿は、お口にゴム製のシートをかぶせて、治療する歯のみを露出させて、唾液や、湿気、お口の中に存在している細菌をシャットアウトすための方法です。

例えば、虫歯の治療では湿気がある状態で詰め物をすると歯との接着が弱くなってしまい、すき間から虫歯が再発するリスクが高くなってしまいます。

また、歯の根の治療(根管治療)では、根の中の感染・細菌を除去することが目的なので、治療途中に唾液や細菌が入ると成功率が著しく下がります。

そのようなことを防ぐために当院では必要に応じて積極的にラバーダム防湿を行います。

このように当院では、医療用ルーペやマイクロスコープを用いた拡大視野での治療や、ラバーダム防湿を行って、治療した歯が再発するリスクをできる限り低くする努力をしています。