矯正治療の流れ

矯正治療の目的は、

  • きれいな歯並びで美しくなる
  • 噛みあわせる面積を多くして正しい噛みあわせをつくる
  • むし歯、歯周病を予防し、歯を長持ちさせる
  • あごの関節の負担を軽くする

悪い歯ならびや、噛みあわせをきれいな歯ならびにし、きちんと噛みあわせるようにすることです。

一期治療、成長期の子供

一期治療 成長期の子供

おおむね6歳~12歳が対象

 

お口の中は乳歯と永久歯が混合している時期ですので、バランスの悪い歯ならびやあごの骨の成長をコントロールし、噛みあわせの変化を最小限に食い止めることが目的となります。

二期治療 永久歯

二期治療 永久歯だけになる

乳歯のない永久歯だけの歯ならびになった時期の治療

 

一期治療で最小限にコントロールされた歯ならびを最終的にきれいな歯ならびを目指して、さらに専門的な装置や技術で治療をすすめていきます。

大人矯正という治療方法

一期・二期治療のような総合的矯正治療ができなかった場合でも、一般的に大人矯正という治療方法があります。

矯正治療は十分な検査と適切な診断が必要になります。

ご相談は無料ですので、一度ご連絡ください。

 

矯正担当歯科医師

山崎 敦永

(日本矯正歯科学会指導医)